知らないと損する!SONYお勧め撒き餌レンズ紹介!Eマウントレンズ

みなさんこんにちわ。
今回はSONY ミラーレスカメラ フルサイズ・APSCそれぞれにお勧めの撒き餌レンズの紹介します。

キットレンズに不満が出てきてもっと綺麗な写真を撮りたい!と感じた時におすすめなのが撒き餌レンズです。

撒き餌レンズは。。
  • お手頃価格だけど写真の写りは本当に良いの?
  • 単焦点レンズを使ったことないけど簡単に使えるの?
  • 検討中の人

    単焦点マニア
    単焦点マニア

    この記事で紹介するレンズは、単焦点レンズマニアの私が自信を持ってお勧めできるレンズのみ紹介しています!

    単焦点レンズに100万円以上注ぎ込んできた私が、この撒き餌レンズを使って撮影した写真動画の作例を紹介しながら、このレンズの良い所悪いところを忖度なしで紹介していきます!
    こちらの記事を読んでどんな映像が残せるのかをしっかり理解して美しい映像を残していきましょう!

    この記事の目次

    SONY お勧め撒き餌レンズ紹介

    撒き餌レンズの特徴

    撒き餌レンズとはカメラ初心者の方がカメラにハマれるよう高性能でコスパの良いレンズのことです。

    特徴としては下記です。

    ・F値が低くボケやすい

    ・F値が低いので夜景も撮影可能

    ・比較的安価で2万円台から購入できる

    ・軽量コンパクト

    明るいレンズなので簡単に夜景も撮影できます!

    撒き餌レンズ作例
    FE85mmf1.8で撮影

    コスパ良く高性能なレンズな事を示します!シンデレラレンズと呼ばれます!

    フルサイズ編

    フルサイズのボディには標準域の50mm前後のレンズが充実しておりコスパが高くお勧めです!

    下記のレンズがコスパよく綺麗な映像を残す事ができます!

    フルサイズのおすすめ撒き餌レンズ

    ・SONY FE50mmf1.8レンズ

    ・SONY FE85mmF1.8レンズ

    ・TAMRON 20mm/24mm/35mm f2.8レンズ

    TAMRONのレンズも使っていましたがSONY純正純正レンズは描写力が抜群でおすすめです!

    フルサイズのボディ

    ・a7シリーズ

    ・a7cシリーズ

    ・ZV-E1

    SONY FE50mmf1.8レンズ

    撒き餌レンズ FE50mmf1.8
    項目 詳細
    参考価格 約2.9万円
    焦点距離 50mm
    開放F値 F1.8〜F22
    最短撮影距離 0.45m
    重さ 186g
    手ぶれ補正 なし

    FE50mm f1.8はSONY純正の無印レンズです。

    非常に描写力が高く50mmGM/ツアイスレンズを使っていた私が自信を持ってオススメできるレンズです!

    どんなレンズかと言うと

    FE50mmf1.8の特徴

    ・描写力が抜群で良い

    ・軽量コンパクト

    ・2万円台で購入できコスパ最高

    ・オートフォーカスは必要最低限

    フォーカス性能がイマイチと言われていますが、私は問題なく使えるレベルだと思います!動画を使って詳しく解説します!

    SONY FE50mmf1.8作例

    写真作例

    撒き餌レンズ作例 
FE50mmf1.8作例
    撒き餌レンズ作例 
FE50mmf1.8作例
    撒き餌レンズ作例 
FE50mmf1.8作例
    撒き餌レンズ作例 
FE50mmf1.8作例
    撒き餌レンズ作例 
FE50mmf1.8作例
    撒き餌レンズ作例 
FE50mmf1.8作例

    動画作例

    ZV-E1+FE50mmf1.8で撮影した作例です。

    良い点

    FE50mmF1.8レンズの良いところは

    ・描写力が抜群である事

    ・軽量コンパクト

    ・お手頃価格でワンランク上の映像を残せる

    正直この描写力が2万円台で購入できるなんて価格設定間違えてるレベルだと思います。。

    FE50mmf1.8カメラ装着

    いまいちな点

    このレンズの弱点は・・

    ・ボタン類がほぼ無い点

    ・フォーカスの音

    ボタン類はなくても余裕で撮影できます!笑

    フォーカス性能チェック

    よく他のサイトでフォーカスがイマイチと言われていますが、FE50mmf1.8を使って検証してみました!

    フォーカス性能をまとめると

    ・追従性○

    ・フォーカス駆動音×・・・被写体が画角内で大きく動く場合に音を拾います。

    このレベルなら全然動画も使えます!カメラに向かって喋って歩くような人には向かないです。

    まとめ

    FE50mmf1.8は描写力抜群の撒き餌レンズです。

    開放F1.8で明るく美しいボケを表現できてコスパ最高

    単焦点レンズを使ったこともない人にも使いやすい画角でみなさんにお勧めできるレンズです!

    フォーカス性能も使えるレベルで、モーター音を拾いたくない!という固い意志がある人以外には自信を持ってオススメできるレンズです。

    まずはこの一本を使ってみて不満が出たらGレンズGMレンズへステップUPするのがお勧めです!

    FE50mmF1.8をもっと詳しく知りたい方はこちら

    APSC編

    続いてAPSCにおすすめの撒き餌レンズを紹介します!

    APSCの場合はセンサーサイズが小さいので焦点距離が30mm前後がおすすめ!

    APS オススメ撒き餌レンズ

    ・SONY E35mmf1.8 OSS

    ・SIGMA 30mmf1.4

    今回はこちらの2本のレンズをを詳しく解説します!

    SIGMA・SONYの良い所が詰まったレンズでおすすめ!

    注意ポイント

    APSCでフルサイズ表記の50mmレンズを装着すると85mm(中望遠)になってしまうので慣れが必要です。

    私がAPSCカメラで何も知らず50mmのレンズを購入して使いづらかった経験があるのでここは注意ポイントです!

    E35mmf1.8OSS

    SONYから発売されている純正E35mmf1.8 OSSレンズです。標準域で明るく手ぶれ補正がついてるのが特徴です。

    項目 詳細
    型番 E 35mm F1.8 OSS/SEL35F18
    メーカー SONY
    焦点距離 35mm
    最短撮影距離 0.3m
    F値 F1.8〜F22
    絞り羽枚数 7枚
    レンズ構成 6群8枚
    フイルター径 φ49mm
    サイズ 63×45mm
    重さ 154g
    手ぶれ補正 あり

    カメラのキタムラ
    ¥49,867 (2024/06/10 00:32時点 | 楽天市場調べ)

    作例

    実際にE35mmf1.8を使って撮影した写真を紹介します!

    フルサイズユーザーですがこのレンズならAPSCでも満足のいくものが撮れます!

    SONY E35mmf1.8 OSS作例

    SONY E35mmf1.8 OSS作例
    SONY E35mmf1.8 OSS作例

    SONY E35mmf1.8 OSS作例

    SONY E35mmf1.8 OSS作例
    SONY E35mmf1.8 OSS作例

    SONY E35mmF1.8 OSSの特徴

    ・描写力抜群

    ・フォーカス性能もバッチリ

    ・手ぶれ補正機能付き

    ・ボタン類がないシンプル構造

    合わせて読みたい記事

    SIGMA30mmF1.4 DCDN

    SIGMA30mmf1.4作例
    項目 詳細
    参考価格 約3.5万円
    焦点距離 30mm
    最短撮影距離 0.30m
    F値 F1.4〜F16
    重さ 280g
    手ぶれ補正 なし



    APSC機で最も有名な撒き餌レンズといえばこちら。

    カメラのキタムラ
    ¥35,252 (2024/04/12 00:04時点 | 楽天市場調べ)

    SIGMAのCレンズですがArtレンズにも負けないような素晴らしい描写力を備えたレンズで多くのカメラマンに愛されているレンズです。

    SIGMA 30mmF1.4DC DNの特徴

    ・Artライン顔負けの描写力

    ・フォーカス性能もバッチリ

    ・3万円台で購入できコスパ最高

    ・ボタン類がないシンプル構造

    SIGMAのCレンズです。Artライン並みの描写力があり非常に高いレンズでコスパ最高です。このレンズがあれば簡単にワンランク上の写真を撮る事ができます!

    サードパーティ製でフォーカス精度に不安を感じている人がいるかもしれませんが、フォーカス性能も抜群で瞳AFも機能してくれてシャッターチャンスを逃しません。

    SIGMA30mmf1.4レンズ

    作例

    写真作例

    ZVE10+SIGAM30mmF1.4DCDNで撮影した写真を紹介します。

    ZVE10+SIGMA30mm F1.4DCDN 作例
    ZVE10+SIGMA30mm F1.4DCDN 作例
    ZVE10+SIGMA30mm F1.4DCDN 作例

    ZVE10+SIGMA30mm F1.4DCDN 作例
    ZVE10+SIGMA30mm F1.4DCDN 作例
    ZVE10+SIGMA30mm F1.4DCDN 作例

    動画作例

    こちらの動画もZVE10+SIGAM30mmF1.4DC DNで撮影しています。

    良い点

    ・Artライン顔負けの描写力

    ・フォーカス性能もバッチリ

    ・3万円台で購入できコスパ最高

    開放F1.4とAPSCのレンズでは最も明るい部類のレンズになります。
    明るくて描写力が高いのでキットレンズとは全くレベルの違う映像を残せます!

    SIGMA30mmf1.4作例

    キットレンズから乗換えると日常が美しい思い出として簡単に残せます。

    いまいちな点

    あえて欠点を出すと。。

    ボタン類の無いシンプルな構造

    操作性は完全に慣れの問題なので、数回使えば問題ありません!

    FE50mmf1.8と比較すると少し大きめのサイズですが、一般的なズームレンズよりもコンパクトなので安心してください。笑

    カメラのキタムラ
    ¥35,252 (2024/04/12 00:04時点 | 楽天市場調べ)

    まとめ

    今回はSONYミラーレス機におすすめの撒き餌レンズを紹介しました。フルサイズ機の方はFE50mmf1.8が断然おすすめです!GMレンズを愛用者でも撒き餌レンズは日常使いでは良いと思えるレベル。

    APSC機の方はSIGMAレンズの性能の良さを凝縮してきた30mmf1.4がおすすめ。

    このレンズを活用して日常を美しい思い出に残していきましょう!

    いきなり購入はハードルが高いと言った人にはサブスクで触って体験して納得してから購入するのもオススメ!

    実際に借りてみた際のレビューはの”こちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です