TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズレビュー

本記事のリンクには広告が含まれております。

みなさんこんにちわ。

今回はTAMRON”35mm F2.8 Di III OSD M1:2“レンズレビューを行います!

お手頃価格だけど写りは良いの?

新しく交換レンズに手を出してみたいけど良いレンズなの?

今まで100万円以上単焦点レンズに投資してきた私がこのレンズで撮影した作例を動画と写真を踏まえて忖度なしで詳しく解説していきます!

結論としては非常に優秀なレンズで、初めての単焦点レンズにお勧めで、APSC機やフルサイズ機でも使いやすいレンズ

初めて単焦点レンズに挑戦したいけど色々不安がある方でも自信を持ってお勧めできます。

ZVE10 ZVE1を使って撮影した作例を多く掲載しています

この記事でわかること

・このレンズどんな作品が撮れるのか

・このレンズのスペック

・このレンズのお勧めな点

・このレンズのイマイチな点

・どんな人にお勧めのレンズなのか

カメラのキタムラ
¥35,532 (2024/06/10 03:47時点 | 楽天市場調べ)
この記事の著者

カメラ歴14年 単焦点レンズマニアで100万円以上投資

ヨコハマ家族

プロフィール

カメラ好きでCanon X4 7D 6Dから Sony a7iii a5100 ZVE10 ZVE1を愛用。単焦点レンズマニアで100万円以上投資。動画撮影・編集にも手を出してます

この記事の目次

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズレビュー

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2 作例

今回はTAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2とフルサイズとAPS-C機で撮影した作例を紹介します。

夜景は全て手持ちで撮影しています!明るい単焦点レンズで使いやすいです!

撮影機材

APS-C機 ZV-E10

フルサイズ機 ZV-E1

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例
TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例
TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例
TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例
TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例
TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例
TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例
TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例
TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例
TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ作例

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2スペック

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ装着画像

項目 詳細
型番 35mm F2.8 Di III OSD M1:2
メーカー TAMRON
焦点距離 35mm
最短撮影距離 0.15m
F値 F2.8〜F22
絞り羽枚数 7枚
レンズ構成 8群9枚
フイルター径 φ67mm
サイズ 73×64mm
重さ 210g

最短撮影距離が0.15mと非常に寄って撮影できるので移動する頻度が減り負担が激減します!

良いところ

このレンズの良いところ

・とにかく撮影しやすい点

・寄って撮影できる点

・ボケが綺麗な点

・コスパが良い点

このレンズの良いところを1つ1つ詳しく解説していきますね

とにかく撮影しやすい点

このレンズが撮影しやすい理由

・寄って撮影できる

・35mmで人の目に近い画角

・APSCなら50mmとなる点

このレンズが気に入った一番の理由はフルサイズ使用時は35mmですが

APSC機で使う(スーパー35mmモード)を使うと50mmと標準域になる点。

わざわざレンズ交換しなくて済む万能な画角です。

35mm/50mmも扱いやすい画角ですし、寄れるので非常に便利

寄って撮影できる点

このレンズは最短撮影距離が0.15mで被写体に寄って撮影する事ができます!

通常のレンズ(35mm)の最短撮影距離は0.3mあたりが多いのです。

私がカメラ始めたての頃単焦点レンズを購入して失敗しました。その理由は最短撮影距離を理解していなく、撮影しづらく使う頻度が減り、単焦点レンズを使わなくなってしまいました。

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ 寄って撮影

ボケが綺麗な点

画角が標準域付近でF2.8なので非常に綺麗にボケてくれます。

ズームレンズはF値が高くなりがちでボケが甘いですがこの単焦点レンズは綺麗なボケを表現してくれます。

コスパが圧倒的に高い点

このレンズの性能は非常に高く使い勝手の良いレンズですがコストもバッチリです!

このレンズの魅力

・寄って撮影できる

・比較的明るいレンズ

・画角がちょうどよくフルサイズでもAPS-Cでも使いやすい

単焦点レンズ初心者に優しい仕様になっていながら手の出しやすい価格になっているのが非常に魅力的。

SONY純正の35mmレンズ(E35mmf1.8OSS)と比較すると1万円ほどお手頃に購入する事ができて,しかもフルサイズ対応しているのが嬉しいポイント!

イマイチなところ

絞りリングがない点

普段SONY純正レンズを使っている身からすると絞りリングがないのに少し違和感を感じます。

ですが普通に絞りは変えれるので慣れの問題だと思います笑

TAMRON 35mm F2.8 Di III OSD M1:2レンズ 絞りリング

AFが若干遅い点

私が普段SONY純正レンズ+GMレンズを使っているのでTAMRONのレンズを使うと若干AF速度が遅く感じます笑

SONYが爆速なので多少遅く感じますが普通に撮影する分には問題ないです!

使っていて不満はありませんが、まれに速度が遅いかも?と思う事があるレベルです。

まとめ

以上タムロン35mmf2.8レンズの紹介になります。

フルサイズ対応されたレンズで非常に扱い安くコスパ最高のレンズだと断言できます!今はAPSC機を使っていていつかはフルサイズに挑戦して見たい!といった人に非常にお勧めのレンズ。

是非このレンズを購入して思い出を綺麗に残しましょう!

カメラのキタムラ
¥35,532 (2024/06/10 03:47時点 | 楽天市場調べ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です