FE50mmf1.8 単焦点レンズ徹底レビュー【作例あり SONYお勧め撒餌レンズ】

みなさんこんにちわ。ヨコハマ家族です。 今回はSONY純正の”FE50mmf1.8“レンズレビューを行います!


純正のキットレンズからステップアップしたい!そんな方は2万円代で購入できる撒餌レンズがお勧め!でも・・本当に使えるレベルなのか心配な方も多いのでは。

  • お手頃価格だけどレンズの写りは良いの?
  • フォーカスは微妙って聞くけど実際は使えるレベルなの?
  • 単焦点レンズを使ったことないけど簡単に使えるの?
  • 検討中の人

    今回こんな悩みを単焦点レンズ大好きで80万円以上投資してきた私がこちらのレンズが使い勝手や描写力の面で問題ないのかを忖度なしで説明します!

    初心者の方にもかなりお勧めの単焦点レンズです!Amzonベストセラー1位の理由がこの記事が読めば分かります!

    FE50mmf1.8がコスパが良いわけ
    • 非常に描写力が高い点
    • コンパクト・軽量で気軽にカメラを持ち出せる点
    • 2万円代で購入できリセールバリューも高い点

    カメラのキタムラ
    \お買い物マラソン実施中!最大ポイント45.5倍!/
    楽天市場

    この記事の目次

    FE50mmf1.8:SEL50F18Fレンズレビュー

    FE50mmf1.8(SEL50F18F)作例

    まずはFE50mmf1.8レンズでの動画と写真の作例を紹介いたします。
    こちらを見ればどんな写真が撮れるかイメージできると思います!

    動画

    写真

    FE50mmf1.8 (SEL50F18F)スペック

    それではFE50mmf1.8レンズのスペックを紹介します

    項目 詳細
    型番 FE50mm F1.8(SEL50F18)
    メーカー SONY
    焦点距離 50mm
    最短撮影距離 0.45m
    F値 F1.8〜F22
    絞り羽枚数 7枚
    レンズ構成 5群6枚
    フイルター径 φ49mm
    サイズ 68.6×59.5mm
    重さ 186g
    手ぶれ補正 なし

    レンズ外観・ボタン類

    FE50mmf1.8はコストを下げるためにレンズにボタン類は設置されていません。なので非常にシンプルなレンズになっています。

    サイズ感としては非常にコンパクトです。重さも186gと軽量なのが特徴です。

    カメラ装着の姿

    a7iii装着時の姿

    a7シリーズに装着するとこんな感じでしっくりきます!

    ZVE1装着時の姿

    a7Cシリーズやa6000シリーズに装着した場合はこんな感じだと認識してもらえると良いと思います。

    値段の割には高級感のあるレンズで気に入っています!

    フォーカス検証

    フォーカス性能がイマイチという口コミが多いので追従性とフォーカス音について実際に評価してみました!

    追従性

    こちらの動画を見てわかる通り追従性も問題ありません!
    プロカメラマンのような一瞬を逃されない人には向いていないかもしれませんが、普段使いでは全く問題ないです!

    フォーカス音

    フォーカス音がするので動画で声を入れて撮影したいシーンでは少し使いづらいです。

    と言いつつも普通に綺麗な映像を残せます!
    よく動画では使えないとコメントありますが、動画の種類によると思うのでそこら辺は惑わされないように!

    FE50mmf1.8で練習して不満が出てきたら次のレンズを購入するのがおすすめです!

    最短撮影距離の比較

    焦点距離が50mm前後のレンズのラインナップは非常に充実していますがスペックは大きく違います。

    スペックの中で重要なのが最短撮影距離になります。
    最短撮影距離をまとめましたのでご覧ください

    レンズ 最短撮影距離詳細
    FE50mmf1.8 0.45m
    FE55mmf1.8ZA 0.55m
    FE50mmf1.4GM 0.41m
    FE50mmf1.4ZA 0.45m
    FE50mmf1.2GM 0.40m

    こちらのようにFE50mmf1.8レンズは比較的取り扱いのしやすい最短撮影距離になっています。
    なのでテーブルフォトを撮りたい時にわざわざ立って撮影をする必要もないですしレンズ交換の頻度を下げることができます!

    最短撮影距離も0.45mと比較的使い勝手の良い距離になっており使いやすい単焦点レンズになります!

    FE50mmf1.8を使って感じた良いところ

    まずは実際に使って感じたFE50mmf1.8レンズの良いところを紹介します!

    FE50mmf1.8の良いところ
    • 非常に描写力が高い点
    • コンパクト・軽量な点で
    • お手頃価格である点

    単焦点レンズ初心者でも簡単に扱いやすい点

    初心者でも使いやすい理由

    ・画角がちょうど良い点

    ・ボケが容易に表現できる点

    ・最短撮影距離が短い点

    単焦点レンズは焦点距離を変更できないので撮影者が動く必要があります。
    そこで重要なのが最短撮影距離です!

    こちらのレンズは比較的最短撮影距離が短いので頻繁に動く必要がありません。

    しかも画角50mmと使いやすいです!

    50mmだけで6本もラインナップがあり力を入れているのがわかりますよね!

    SONY純正レンズだけで50mmのレンズが6本あってメーカーが力を入れているだけあって使い勝手の良いレンズというのがよく分かりますよね!

    描写力が高い点

    開放値F1.8の明るさと円形絞りが採用されているため綺麗なボケを表現できます。
    純正のズームレンズやスマホカメラでは再現できない、ミラーレスカメラで撮影した映像を残すことができます。
    非常に明るいレンズなので夜景もバッチリ撮影できます!

    この表現力を2万円台で手に入れることができるのがコスパが高いです!

    コンパクトで軽量な点

    見た目の通りコンパクト&軽量なので気軽に持ち出せます!

    カメラが嵩張るだけで持ち出したり、取り出したりするのが億劫になってしまいますよね。
    コンパクトさは正義です!

    気軽に持ち出してカメラを使うことで上達していくのでまずは持ち出したくなるようなサイズ感であることは非常に重要です!

    お手頃価格である点

    SONY純正レンズの中で最も値段が安いレンズとなっていて気軽に手を出せる価格帯となっております!
    価格は低いのですが上記のように性能は非常に高いのでコスパの良いです!

    そのためよく「撒餌レンズ」「シンデレラレンズ」と呼ばれています!

    正直40mmGレンズよりもこちらの50mmf1.8レンズの方がコスパが良いと思います笑

    FE50mmf1.8のイマイチなところ

    フォーカスが遅い点

    GレンズやGレンズを使ったことがある人にとっては少しフォーカスが遅いように感じます。
    カメラ性能が高ければ十分カバーできるレベルなのでそこまで気にしなくて良いレベルです。

    下の動画を見るとわかりますが風景なら余裕で行けます。

    あえて言うならっていうデメリットですね笑

    ボタン類が少ない点

    個人的にフォーカスフォールドボタンだけは欲しかった。かなと
    と言いつつも最近はカメラがわで追従できるので慣れれば全く気になりません。笑

    むしろ不自由を楽しむ感じの方がカメラを触っている感じしますよね!

    比較的新しいカメラを使用している人は気にならないレベルです!

    玉ボケがレモン形状な点

    こちらのレンズが絞り羽枚数が7枚と少な目なため玉ボケ時の形状が少し歪なのが特徴的です。

    あまり気にならないと思いますが夜景の撮影が多い人にとっては少し残念ポイントかもしれません。
    と言いつつも夜景でも使用できる明るいレンズなのは嬉しいポイントです!

    まとめ

    FE50mmf1.8レンズなら単焦点レンズ初心者でも簡単に美しい映像を残すことができます!
    写真も動画も両方使えるレンズで非常にコスパが高いレンズです!

    私的には40mmf2.5Gレンズよりもこちらのレンズの方が描写力が高く非常にお勧めできるレンズです。

    購入すると2万円台ですがサブスクで借りてみるのもお勧めです!
    実際に触って納得して購入というSTEPもお勧め

    GOOPASSとカメラレントでレンズをサブスクしましたが断然カメラレントがお勧め!

    実際に借りてみた際のレビューはの”こちら

    単焦点レンズ10本以上使ってきた私が自信を持ってお勧めできる単焦点レンズなので気になっている方は是非サブスク・購入がお勧め!

    カメラのキタムラ
    \お買い物マラソン実施中!最大ポイント45.5倍!/
    楽天市場

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です