【子育てにも!】SONY ZV-E10 レビュー【V−logから写真まで!】

みなさんこんにちわ!

今回はSONYから新しく発表された”ZV-E10”の紹介を行います!

 

”V-logを初めて見たいけど、他のカメラと何が違うの?”

”コンパクトなカメラが欲しいけど、他のカメラと何が違うの?”

 

カメラ歴10年overの私が

なぜZV E10がお勧めできるのか・他のカメラと何が違うのかを分かりやすく紹介します!

この記事では、このカメラの特徴や写真・動画の作例から
オススメできる理由・オススメできるアクセサリーまで詳しく解説しています。

このカメラがあれば

誰でも簡単に大切な思い出を綺麗に残す事ができます!

たくさんの写真と動画のサンプルを準備してまとめてみました!

是非最後までご覧ください!

子供の成長って思ったより早いので写真に残しておく事をお勧めするよ!!

ゆいワカくん

SONY  ZV-E10

特徴

スペックを見ても分かりにくいので特徴をまとめました!

スペックを見ても分かりにくいので先に特徴を説明するね!!

ゆいワカくん

  • APS-Cセンサー搭載、レンズ交換可能
  • 自撮りし易いバリアングルモニター採用
  • 高精度なAF性能。主役を際立たせる「リアルタイム瞳AF」
  • カメラまかせで被写体を自動で追い続ける「リアルタイムトラッキング」
  • 高品位な録音を実現する本体内蔵の指向性3カプセルマイク
  • 主役が映えるユニークなワンタッチ機能「背景ぼけ切り換え」
  • 逆光や薄暗い状況でも常に顔の明るさをキープする「顔優先AE」
  • Vlog動画を4K画質でより美しく

こんな写真や動画が撮れる!

言葉で説明されてもピント来ないと思いますので

実際の作例を紹介しますね!

まずは動画から

昼間

横浜の夜景を ZV E10で撮影してみました。

APSCサイズのセンサーでも

こんなに綺麗に撮影できるとは

思ってもいませんでした・・・。

是非ご覧ください。

お勧めな理由

コンパクトな点

私が思う良いカメラを購入したけど

使わなくなる一番の理由はサイズだと思います。

 ①サイズが大きく嵩張るので持ち出さなくなる。

 ②使う機会が減ってくる

 ③操作を覚えないので使いたくなくなる。

 ④カメラに興味がなくなる。

なのでまずは持ち出せるサイズである事が重要だと思います!

zv-e10はコンパクトなサイズなので気軽に持ち出せます!

しかも軽いので首にかけても全く苦でありません。

気軽に持ち出せる軽さ&重さのZV E10は初心者の方にお勧めです!

コンパクトで軽いのでママがメインで使っているよ!!

ゆいワカくん

sony zve10
コンパクトなので嵩張りません!

安価な点!

以下で説明しますが

SONY ZVE10には沢山の機能がついていて

10万円以下なのは非常に嬉しいですね!

 

昔のカメラを知っている身としては

バリアアングルに優れた動画性能でレンズ交換できる時点で

買いですね笑

APSCセンサーでレンズが交換できる点

一番の特徴であるレンズ交換できるのが良いですね!

レンズ交換ができると

 写真の幅が広がる!

 出先の用途ごとにレンズを選択できストレスが減る!

私の場合は

子供と公園に行く時様な

軽いレンズを着けて出かけています!

旅行など、沢山写真を撮りたい時は

しっかりしたレンズを着けて出かけます。

シーン毎にレンズを変えれるメリットは非常に大きいです。

ZV1もv-log用のカメラですがレンズ交換ができません。

そこが残念なのですが、このZVE10はそこを改良してくれました。

AF精度が高くシャッタータイミングを逃さない点

私はもっぱら子供を撮る事が多いのですが

子供ってじっとしてくれませんよね笑

瞳AF機能があるのでいつでもバッチリピントが合っています。

昔はこんな機能なく、ピントがうまく合っていなく

残念な思いをした事がありますがこのカメラは違います!

手振れ補正機能がすごい!

カメラ側にも手振れ補正機能がありますが

動画の場合は

撮影終わった後にソフトで手振れ補正を行ってくれるソフトが

無料であります!

 

これあればジンバルなんか不要ですね・・。

すごい時代です!

マイク性能が良い!

実はマイク機能がすごいんです!

通常の一眼で外で動画撮影すると

風切り音がすごくて、使いものにならない事が多いですが

ZVE10はモフモフが初めからついてるので安心!

動画の中でも綺麗に子供の声を拾えているのが分かりますよね!

 

カメラ系YouTuberの方もマイクの機能を絶賛していました!

ピクチャープロファイルが豊富!

ある程度写真に慣れてくると

ピクチャープロファイルをいじりたくなるんですが

こいつはフルサイズ機と同じピクチャープロファイルが選択できます。

HDRが使えるので

暗所にも強く初心者の方でも簡単に撮影する事ができます。

スペック紹介

型式:レンズ交換式デジタルカメラ

撮像素子(センサー):APS-Cサイズ (23.5 x 15.6 mm)、Exmor CMOSセンサー

カメラ有効画素数:約2420万画素

クリエイティブスタイル:スタンダード、ビビッド、ポートレート、風景、夕景、白黒、セピア

ピクチャープロファイル:切/PP1-PP10 (ブラックレベル、ガンマ (Movie、Still、Cine1-4、ITU709、ITU709 [800%]、S-Log2、S-Log3、HLG、HLG1-3)、ブラックガンマ、ニー、カラーモード、彩度、色相、色の深さ、ディテール、コピー、リセット)

動画記録方式

ファイル記録方式:XAVC S

ピクチャープロファイル:切/PP1-PP10 (ブラックレベル、ガンマ (Movie、Still、Cine1-4、ITU709、ITU709 [800%]、S-Log2、S-Log3、HLG、HLG1-3)、ブラックガンマ、ニー、カラーモード、彩度、色相、色の深さ、ディテール、コピー、リセット)

測距点数:425点 (位相差検出方式) 

インターフェース

USB Type-C®端子

ワイヤレスLAN対応(内蔵)

Bluetooth

マイク:ステレオマイク内蔵

質量:約343 g(バッテリーとメモリカードを含む)

外形寸法:約115.2 x 64.2 x 44.8 mm (グリップからモニターまで)

アクセサリー紹介

シューティンググリップ

ZVE10の特徴はバリアングルモニター装備で

自撮りしやすい所ですね!

その自撮りをサポートしてくれるのが

シューティンググリップです。

ボタンは

動画録画ボタン写真のシャッターボタン

ズームカスタムボタンC1ボタン

そしてロックON /OFFのスイッチになります。

カメラ操作をグリップでできる事と

通常の三脚としても使用することができます。

 

自撮りしながらの操作が非常にやりやすいので

シャッターチャンスを逃しません!

我が家も家族で自撮りする時はよく使用しています。

重さも軽いのでつけっぱなしでも気になりません。

SONYシューティンググリップ GP-VPT2BT徹底レビュー【大切な記念写真の失敗から卒業!】

カメラレザーケース

こちらのケースは

カメラの保護をしてくれる事と

お洒落にしてくれます!

 

レザーのケースって憧れますよね。

結構お求めやすい価格なので非常に大満足しています。

このアクセサリーが最も満足感の高いアイテムでした笑

SDカード

カメラを購入したら

SDカードは必須ですよね!

4Kで動画を撮るにはSDカードも性能の高いものを選ぶ

必要があります。

個人的には信頼のおけるサンディスクのSDカードのみ

使用しています!

ピークデザイン アンカーリンクス

動画を撮る時や

室内で写真を撮る時にストラップがあると邪魔と感じた事ありませんか?

こちらのアンカーリンクスを使用すると

ストラップの取り外しを行うことができます。

 

カメラをジンバルやシューティンググリップにつける際に

ストラップが邪魔になることが多いので

カメラを購入したら必ずこちらを購入しています!

オススメです!

液晶保護フィルム

カメラを購入したら

必ず購入するアクセサリーの一つ!

液晶保護フィルムです。

液晶に傷がつくと

撮影した写真が上手く撮影できているか

確認しづらいのでこちらもMUST用品です!

カメラを売ることを考えてもこれは必須ですよね!

レンズ

お勧めのレンズを紹介していきます!

【作例あり】SONY 85mm f1.8レンズレビュー【神コスパレンズ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です