キャンプや車中泊にオススメ!ポータブルバッテリー紹介!

みなさんこんにちわ。

今回は“ポータブルバッテリー“の紹介を行います。

ポータブルバッテリーはキャンプや車中泊
災害時に大活躍するバッテリーです!

  

我が家がキャンプを始めてまず購入したのは

ポータブルバッテリーになります笑

ポータブルバッテリーを購入したら携帯・カメラのバッテリー残量を気にすることなく、安心して使用できるようになりました!

ゆいワカくん

ポータブルバッテリーを使用して電気毛布を稼働させれば
一酸化炭素中毒を気にすることなく暖かくできるが非常に嬉しいポイントです!

この他にも

実際にキャンプで使ってみて感じた購入すべき理由

ポータブルバッテリーの選び方も合わせて紹介します!

是非最後までご覧ください。

ポータブルバッテリーとは

ポータブルバッテリーとは、持ち運びのできる大容量のバッテリーの事で

特徴は2つあります。

AC(交流電流)が使える!

・ ACが使える=コンセントで動く

 電化製品を使用することができる!

DCやシガーソケットも対応で長時間使える

ゆいワカくん

モバイルバッテリーとの違いはなに?

モバイルバッテリーとの大きな違いは

ACが使える事です!

ということは

暑い夏場のキャンプでは

扇風機やサーキューレーター・冷蔵庫も使える!

寒い冬のキャンプでは

暖房機器や電気毛布やカーペット を使用することもできます!

大容量モデルを購入すれば電子レンジを使用することもできます!笑

こんな人にオススメ

こんな人は購入すべき!
  • 寒さや暑さを気にすることなくキャンプを楽しみたい方
  • PCやカメラなど充電する頻度が高い方
  • 災害時に備えてバッテリーが欲しい方
  • 小さいお子さんとキャンプや車中泊をされたい方

我が家はポータブルバッテリーを購入した一番の理由は

小さな娘がいるので、

テント内を快適な温度にしたいからです。

電気毛布なら一酸化炭素中毒を気にせずにあったかくすることができるのが大きなポイントです!

キャンプに行って熱中症や風邪を引いてしまうのは

嫌なので購入を決めました!

カメラ機材をたくさん持っていく私としては

容量の大きなバッテリーが必要になります。

ポータブルバッテリーで使える家電

使える家電
  • 電気毛布
  • デジカメ
  • プロジェクター
  • ゲーム機
  • 文扇風機・サーキュレーター
  • 携帯

ポータブルバッテリーで使えない家電

使えない家電
  • 電気ストーブ
  • エアコン
  • ケトル
  • ドライヤー

もちろん使用するバッテリー容量によっては

上のものでも使えたり・使えない場合がありますので

参考だと考えてください。

バッテリーの選び方

ポータブルバッテリーを購入したいけど

選び方がわかり辛いですよね・・。

今回わかりやすく解説します!

選び方のポイントは3点あります

選び方のポイント 3点
  • バッテリー容量
  • 出力ポート
  • PSEマーク

・バッテリー容量

ポータブル電源のバッテリー容量は

「Wh」1時間当たりの消費電力

  が重要になっていきます。

例えばAnker製のポータブルバッテリーでは

200/400/800Whの容量のモデルがあります。

扇風機の消費電力が40wの場合、

各モデルの使用可能な時間は下記になります。

200Whモデル・・・5時間

400Whモデル・・・10時間

800Whモデル・・・20時間

ゆいワカくん

容量が大きければ、使用可能時間も伸びるという事だね!

使用する家電に左右されますが、容量の選び方の目安です

  日帰りの場合 100Wh〜200Wh

  キャンプや車中泊の場合 400Wh

  連泊・防災目的の場合は600Wh以上

・出力ポート

出力のポート数や、USBのタイプも重要ですね!

急速充電に対応しているタイプもあるので確認することをお勧めします!

USB PDQCの表記があれば、急速充電規格に対応しています。

・PSEマーク

適合検査に合格した製品にはPSEマークがあります。

ネットで見かける聞いたことないモデルだと

PSEマークがないもののありますので確認することをお勧めします。

我が家が購入したAnker Power House

Anker Power House 特徴

このポータブルバッテリーは多機能ですが

時間のない方向けに簡単にまとめました。

Ankerの特徴
  • 容量は432wh (120,600mAh)
  • 容量が大きいのでキャンプ/車中泊で活躍できる。
  • 比較的コンパクトで持ち運びも用意である。
  • お手頃な価格で初めて購入される方にお勧めできる。

仕様

項目仕様
容量432wh (120,600mAh)
出力端子AC電源/USB×4/シガーソケット
充電方法アダプタ
重さ4.2kg
外寸200x145x165mm

容量432wh 120,600mAhはどのくらいの容量かというと

iPhoneを約30回充電できてしまいます!

使ってみた感想

我が家では11月に朝霧のキャンプの際に

夜中の電気毛布&ベビーモニターの電源として使用しました。

やはり11月のキャンプの非常に寒いです

そんな時に電気毛布を使えるのは非常に助かりました。
寒くて目が覚めてしまう事もありませんでした。

 

せっかくのキャンプで風邪を引いてしまったり

眠れないことでキャンプ自体が嫌になってしまう事は避けたいので

ポータブルバッテリーはMUSTアイテムです。

昨今のキャンプブームのため

電源付きのサイトは予約が埋まっている事が多いので

バッテリーがあるのは心強いです。

 

またカメラや携帯の充電がないと次の日困ってしまいますよね。

ポータブルバッテリーならカメラも携帯もPCの充電もバッチリできます!

是非気になる方は購入され事をお勧めいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です