【スノーピーク】フラットバーナー!徹底レビュー「仕様変更内容解説」

snowpeakフラットバーナー

みなさんこんにちわ。

今回はスノーピークの大人気商品である

【フラットバーナーGS−450R】の徹底レビューを行います!

  

スノーピーク製品はお値段がはる印象ですが、こちらのバーナーは

手が出しやすい価格で仕様が気になる人も多いのでは!?

ということで、初心者キャンパーが実際に使ってみた感じた

良い点悪い点をまとめました。是非最後までご覧ください!

 

フラットバーナー

こんな人にオススメ

まず最初に結論から説明します!

こんな人に向いています

 ・安価なバーナーが欲しい方

 ・IGTで使えるバーナーを探している方

 ・風に強いバーナーを探している方

 ・清掃分解し易いバーナーを探している方

 ・真冬のキャンプを行わない方

 ・料理している時のガタつきが嫌な方

こちらを購入する前は

一般のガスコンロとSOTOのレギュレーターストーブを使用していましたが

一度こちらを使用するともう戻れません・・・。

IGTと組み合わせて使用すると

テーブルのスペースを活用できるので、テーブル周りがスッキリします!

五徳の安定感がすごいのとテーブルがスッキリするのが非常に嬉しいポイントです

ゆいワカくん


仕様

サイズ 270×410×110m ※ホース、器具栓を除く

収納時サイズ 360×250×80m

重量 1.9kg

出力 3000kcal/h

対応鍋径 23cm以下

セット内容 バーナー本体、収納ケース、結束用バンド

ガス缶タイプ OD缶

ゆいワカくん

OD缶なので寒い屋外や冬場も安定した火力を維持できるのがポイントですね

新旧仕様差説明

2021年8月28日からフラットバーナーが新仕様になりました。

型式がGS450 から GS450−R へ変更になりました。

変更点は下記です。

・変更箇所:汁受け
・変更前:鉄の材質、表面にほうろう処理
・変更後:材質変更 鉄→ステンレス

公式HP引用

旧型式のバーナーでも安全に使用可能との事です。

通常のほうろう加工の耐熱性は約400℃程度で

ステンレスの一般的な耐熱温度は約700℃〜800℃程度との事みたいです。

通常のキャンプで使う分には全く問題ないレベルですね!

耐熱性の関係で仕様変更が入っているんでしゅね!

ゆいワカくん


良い点

・お値段

スノーピークのアイテムといえば

品質が良く洗練されたデザインで人気ですが気になるのが

お値段ですよね笑

このバーナーは9,800円(税別)と非常にお手頃な価格です!

・IGTとの相性が抜群

IGTにセットして使用すると安定がすごく良いです。

当たり前ですが・・・笑

OD缶の取り付けが容易で場所を取りません!

テーブルの上にガスコンロを設置しないで済むので

非常にスッキリしてお気に入りです。

個人的には見た目のスッキリ感がお気にりポイントです。

・風に強い点

バーナー部分が突き出していないので

風邪の影響を受けにくいのが特徴ですね!

キャンプ場での料理は風に左右されてしまう事が多いですが

このバーナーは風に強いので安心して料理する事ができます!

風よけ等が不要になるので非常に嬉しいですよね!

初心者キャンパーにとって風を気にしないで料理できるのは非常に嬉しいポイントです!

ゆいワカくん

・掃除し易い点

通常のカセットコンロは清掃が面倒ですよね。

フラットバーナーは分解が非常に簡単なので清掃が楽です。

キャンプグッズは使用しているうちに汚れてしまいがちですが

清掃のハードルが低いのは非常に嬉しいポイントですよね。

分解が楽なので収納も楽で非常にオススメです。

・五徳の安定感が良い

スノーピークのフラットバーナーは

五徳がものすごく大きいのが特徴的です。

23㎝までの調理器具を使用することができます!

折り畳めるタイプのバーナーはコンパクトになるのが利点ですが

五徳が小さいものが多く、調理器具の安定性に欠けるものが多いですよね。

キャンプでの料理を楽しみたい人向けのバーナーです!

・火力調整もやり易い

フラットバーナーの火力調整は

つまみボタンを回転させるだけです。

つまみのサイズと着火ボタンのサイズもちょうど

良く安心して使用することができます!


いまいちな点

・真冬の使用にあまり適していない点

フラットバーナーは気化システムを採用しています。

気化システムとは・・・

外気の熱を利用してガスを気化させ、燃焼させるシステムの事です

そのため真冬での使用には適していないようです。

キャンプ初心者の我が家では真冬キャンプを行う予定はないので

気にならないポイントです。

真冬でもガンガンキャンプに行きたい方はギガパワープレートがオススメです!

ゆいワカくん

・バーナーのホースが短い点

ホースが短い点が気になるポイントですね。

我が家ではIGTと一緒に利用するので気になりませんが

バーナー単体として利用される場合は、

そこら辺も意識した上で購入した方が良いです!

ソロキャン等で荷物減らしたい方は

折り畳めるものが便利ですね。

番外編

購入方法

こちらのバーナーは非常に人気で手に入りませんが

我が家はsnowpeak直営店で予約しました!

予約後約1ヶ月後に納入されたと連絡をいただきました!

公式HPでも抽選で購入する事も可能なようです。

是非探してみてください!

今回購入してよかったフラットバーナーの紹介になります。

この記事を読んで期になった方は是非検討してみてください!

以上!

snow peak IGT スノーピーク IGTテーブル天板を自作してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です