SONYシューティンググリップ GP-VPT2BT徹底レビュー【大切な記念写真の失敗から卒業!】

みなさんこんにちわ。

今回はSONY純正の

シューティンググリップ:GP-VPT2BTの紹介を行います。

使う前は単純に自撮りし易いグリップかと思っていましたが

実際に使ってみて
このグリップのおかげシャッターチャンスを逃すことがなくなりました。

そして何よりも簡単にブレずにピントがあった家族写真を撮る事ができる様になりました!

  

その理由を実際にこのアイテムを愛用している
私が詳しく紹介していきます!

 

実はvlogerだけでなく家族連れやカップルにも
非常にオススメできるアクセサリーです!
今までは旅先での記念写真がブレたりピントが合っていない事があり残念な気持ちになる事があったでしゅ!

ゆいワカくん

ままさん

このグリップがあればピントがった写真が撮れて大事な思い出をきちんと残せるって事ね!

SONY GP-VPT2BT 目次

シューティンググリップ レビュー

SONY純正アクセサリー
シューティンググリップ GP-VPT2BTは bluetooth機能を搭載した
自撮り撮影&リモコン&三脚の機能を持ったグリップです。

Bluetooth機能が付いている比較的新しいカメラで
ペアリングして使えるアクセサリーです。

特にバリアングルモニターのカメラとの相性はGOODです。

公式サイトはこちらから。

公式HP

シューティンググリップ GP-VPT2BT

こんな用途にオススメ

こんな人は購入すべき!
  • 旅先で自撮りをしたい人
  • V-logや動画を撮る事が多い人
  • 家族やカップルで記念撮影を綺麗に撮りたい人
  • コンパクトな三脚を探している人

その理由を詳しく説明していきますね。

特徴

まずこのアクセサリーの特徴から説明していきます。

詳しいスペックは後半に記入していますので
気になる人は確認してみて下さい。

シューティンググリップの特徴!

  • Bluetooth接続可能なためケーブル不要
  • 三脚にもなり旅先でも便利
  • ボタンのサイズ・配置が良く自撮りしやすい
  • カスタムボタンがあり使いやすい!
  • ブレない写真を撮ることができる!
  • グリップが大きく持ちやすく三脚としても安定性がある

オススメできる点

ケーブルフリーな点

Bluetooth接続ができるため 、ケーブル接続が不要です。

ケーブル接続不要なので
グリップ脱着の際に自動でペアリングされるので
即座に撮影をすることができます!

 

ケーブルの接続がない事は非常に楽!

角度変更も楽にできますし、モニターにケーブルが入り込まないので

煩わしさがありません
Airpodsと同じで一度無線を味うとやめれません!

カメラをセットする度にケーブルを取り付けしないといけないめんどくさくて使わなくなるけどケーブルレスならその心配がないでしゅね!

ゆいワカくん

ブレない写真が撮れる

グリップの操作し易い場所にシャッターボタンがついているので

シャッターチャンスを逃さない!
しかも安定して掴めるのでブレない!

グリップ無しで撮ると傾いてしまったり
最悪カメラを落としてしまう事もありますよね・・・。

シューティンググリップ GP-VPT2BT

タイマー設定で自撮りするのも時間かかって面倒ですよね。

簡単にぶれない写真が撮れるのが一番うれしいポイントでしゅ!

ゆいワカくん

ボタンのサイズ・配置が良い!

シューティンググリップ GP-VPT2BT

ボタン・配置が良いので操作が直感的に分かります!

シューティンググリップのボタン
  • PHOTOボタン:写真のシャッター
  • MOVIEボタン:動画の録画開始・停止
  • ズームボタン
  • C1ボタン:カスタムボタン
  • LOCKスイッチ

自撮りを目的として作成されたグリップのため
言うまでもなく自撮りし易いです!

グリップがないとシャッターボタンを押しずらく
綺麗に自撮りすることができない事ありませんか?

私はめちゃめちゃ苦労していました・・・
カメラ重たいし腕が写ってしまうので自撮りはあまりしなかったですが

このグリップを使う事で
綺麗に自撮りすることができるので

シャッターチャンスを逃しません!

シューティンググリップ GP-VPT2BT

動画でも写真メインの方でも便利なグリップです。

  

またC1:カスタムボタンが付いているので

自分で使いたい機能を割り当てる事が可能です!

瞳AFsuper35mmに割り当てると便利です。

しっかり三脚として機能する

角度は10度毎に変更でき自分の撮影したい構想も再現できます。
向きも調整可能で便利です。

シューティンググリップ GP-VPT2BT
稼働領域が広範囲です。

  

我が家ではa7iiiとZV E10で使用していますが
a7iii+GMレンズの重たいものでも
しっかりと支えてくれていて安心感があります!

シューティンググリップ GP-VPT2BT

メーカー公称の許容重量は1.5kgです。

数値だとパッと来ないのでカメラで例えると・・・

カメラ:a7iii:650g

レンズ SEL24105G:663g

合計1313g

こんなにしっかりした装備のレンズでも三脚としても使用できます!

自撮り用途で使用する場合はほぼ全てのカメラで問題ないです!

自撮りで使用するレンズといえば

自撮りに向いてるレンズ
  • SEL1018:225g
  • SEL20F18G:373g
  • SEL24F14GM:445g

を使用する事が多いと思いますが

重たいa7iiiと組み合わせても1.5kg以下に抑える事ができます!

と言いますかそもそも1.5kg以上だと重くて自撮りしずらいですよね笑

同封内容蓋

それでは中身の紹介に移ります。

内容一覧
  • GP-VPT2BT:本体
  • 説明書
  • 保証書
  • ボタン電池
  • ポーチ
  • シューティンググリップ GP-VPT2BT

    ボタン電池が入っているので

    購入してしまえばカメラがあれば使用可能です!

    専用のポーチが付いているのは傷の心配がなくなるので

    嬉しいですよね。

    スペック

    項目仕様
    大きさ:グリップ時幅49.5×高さ173.0×奥行42.0mm
    大きさ:三脚時幅146.5×高さ133.5×奥行163.0mm
    最大負荷重量1.5kg
    重さ215g
    付属品ポーチ・ボタン電池
    対応機種一眼カメラaシリーズ/Vlog CAM /大型センサーモデル

    マンフロットとの比較

    シューティンググリップ GP-VPT2BT

    自撮りでマンフロットを使用している方は多いのではないでしょうか。
    私もこのグリップに出会うまでは使用していました。

    マンフロットとの大きな違いは

    • シャッターボタンが付いている
    • カスタムボタンを使用できるのでブレない写真が撮れる
    • グリップがしっかりして持っていて疲れない

    一番の違いは見ての通りボタン操作ができる所ですね。
    カスタムボタンに瞳AFを割り当てればブレずに写真がとれるのが嬉しいです。

    マンフロットは長時間持つと疲れてしまいますね・・・。

    どちらもコンパクトなので申し分ないです!

    使ってみた感想

    結論:最も満足度の高いアクセサリーです!

    よかった点いまいちだった点を踏まえて紹介していきますね!

    よかった点

    ボタン操作がグリップでできるので
    簡単にブレない写真を撮れるようになったなった点です!

    ワイヤレスなので機動性が高く、
    撮りたい時にすぐ撮れシャッターチャンスを逃さなくなった

    Vlogだけでなく旅先でも使用でき三脚としても機能するので
    荷物を減らす事ができた!

    このグリップがあれば旅先での記念写真を綺麗に撮る事ができるでしゅね!

    ゆいワカくん

    イマイチな点

    イマイチなところは2点あります

    ・値段が少し高い所

    ・ボタン電池なところ

    ボタン電池なのでなかなか電池は切れませんが、
    切れた時がめんどくさそう・・・。

    こんな感じで非常にオススメできるアクセサリーです!

    Vlogをとられている方はもちろん
    是非家族写真やカップルで自撮りをする方は検討してみて下さい!

    オススメな使い方

    このグリップを愛用してる私から
    オススメの使い方を紹介します!

    脱着性のストレス解消方法

    脱着が面倒なのでクイックシューを取り付けると
    かなり楽に取り付けを行う事ができます!

    ジンバルや他の三脚にも雲台をセットしておけば
    簡単に脱着できるのでオススメです!

    シューティンググリップ GP-VPT2BT

    ストラップと絡まるストレス解消方法

    ピークデザインのアンカーリンクスがあれば
    簡単にストラップを外す事ができます。

    グリップ自体にケーブルレスなので
    ストラップもなくなればモニターを遮る事が無くなったり
    操作性が格段に上がるのでオススメです!

    シューティンググリップ GP-VPT2BT

    このグリップがなくても非常に満足できるアクセサリーです!

    このグリップはバリアングルモニターのカメラとの相性が非常に良いので気になる方はZV E10のレビュー記事も確認してみて下さい!

    【子育てにも!】SONY ZV-E10 レビュー【V−logから写真まで!】

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です