間違った離乳食の椅子選びをしていませんか?選び方のポイントは3つだけ!

みなさんこんにちわ。
今回は離乳食の椅子の選び方を詳しく説明します!

離乳食が始まって椅子を購入したいけど・・

  • 沢山の椅子の種類があってどの椅子を選べば良いか分からない
  • 食育の観点から子供の適切な椅子を選びたい
  • 長く使えてコスパの良い椅子を知りたい
  • 本記事では上記の悩みを解説します。

    実は食べる時の姿勢は歯並びや噛み合わせへ大きく影響を与えるので重要なんです。

    そのため歯科専門医と共同開発している椅子メーカーもあるほど。

    歯並び噛み合わせが良いことで、よく噛む様になると脳に繋がっている
    動脈の血行が良くなり脳の動きが活性化されたり
    集中力・思考力・記憶力も向上します

    パピさん

    食事の姿勢はそんなに大切なんですが、小さい子供は声かけでは姿勢は良くなりません。

    なので大人が正しい姿勢で食べれる環境を作ることが重要なんですね!

    ゆいワカくん

    正しい姿勢を作るためな重要なポイント
    実際に沢山のチェアを買って失敗してきた我が家
    楽しくストレスフリーで食事を楽しめる椅子選びについて解説します!

    この記事の目次

    正しい離乳食の椅子の選び方

    正しい姿勢の重要性について

    食事時に正しい姿勢が取れると、正しい歯並び、噛み合わせにつながり健康な体を作る事ができます!

    食事時の姿勢が悪いと・・

  • 食事中に噛む回数が減りあごの発達や歯並びが悪くなる
  • 食事への集中力が下がる
  • 消化不良に繋がる
  • 上記の様な事につながり
    子供にとってデメリットしかないんです。

    離乳食 椅子選び方

    正しい姿勢で食事できると

  • しっかり噛むことで唾液が分泌され消化しやすくなる
  • あごが発達し歯並び・噛み合わせが良くなる
  • 脳の動きが活性化され、集中力・思考力が増す
  • よく噛む事で脳に繋がっている
    動脈の血行が良くなり脳の動きが活性化
    され
    集中力・思考力・記憶力も向上するという研究結果も出ているんです。

    歯並びが悪く噛み合わせが悪いと
    咀嚼が上手くいかず、消化液である唾液が分泌されません。

    そうすると胃袋の負担が増えたり食べ物の栄養の吸収にも影響が出てしまいます。

    姿勢が良くなると
    よく噛めるようになり胃酸がたくさん分泌されるようになり
    栄養の吸収が高まる効果があるんです。

    食品にこだわるよりも先に姿勢を意識した方が栄養面・健康面でも良いんですね!

    ゆいワカくん

    離乳食 椅子選び方

    子供の体はとても柔らかいので
    日々の習慣やちょっとした癖が積み重なる事で口周りの筋肉のバランスが崩れ歯の生え方にも影響が出てきます。

    しかし、”影響が出やすい=正しい姿勢で食事すれば
    綺麗な歯並び・噛み合わせへ戻す事も簡単”
    なんです!

    パピさん

    小さいうちから正しい姿勢で食べる習慣を身につけて綺麗な歯並びを手に入れましょう!

    椅子選びの重要なポイント3つ

    離乳食の椅子を選ぶポイントで重要なポイントは3つ

    ①正しい姿勢を作れること

    正しい姿勢とは
  • 足が床に着くこと!
  • →足置きの高さを調整できること
  • 肘が90°となること
  • →座椅子の高さを調整できること

    食事中は両足がしっかりと足台につき
    踏ん張れる状態である事が必要なんです!

    踏ん張って食べれないと、舌の筋肉のバランスが崩れて、歯並びや噛み合わせに影響が出てしまうんです。

    正しい姿勢を作るためには

  • 置き台の高さを調整できる構造であること
  • 座椅子の高さ調整できる構造であること
  • が必要です!

    離乳食 椅子選び方
正しい座り方
    実際に多くの歯科医院では以下のことを考え小さい頃から良い姿勢で食事することを推奨しています。
    • 歯並び
    • 噛み合わせ
    • 栄養の吸収

    栄養士ママ

    床に足がついている時とついていない時では噛む力に15%〜20%の差がでてしまいます。

    ②清掃しやすいこと

    離乳食では思っているよりも
    汚れるんです・・。

    離乳食 椅子選び方
汚れ具合

    掃除しずらいとストレスが溜まってしまいますよね

    食事のたびに掃除するので掃除しやすい構造・素材であることがポイントです

    布タイプの椅子は掃除するをするのが非常に大変なのでさっと拭き取れる木製やプラスチック素材のものがお勧めです!

    離乳食 椅子選び方
清掃のしやすさ
    掃除するだけで疲れてしまうと、ストレスになってしまいますよね・・

    ゆいワカくん

    ③安全性を確保できること

    子供が大きく動いたり立ち上がったりしてしまうと
    落下する可能性があるのでベルトなどがあると安心です。

    椅子ごと転倒するパターンもあるので
    しっかりと安定しているものを購入しましょう!

    オプションでベルトが販売されているかチェックが必要ですね!

    ゆいワカくん

    我が家の失敗したところ

    我が家ではまず最初にロータイプの椅子を購入しましたが、すぐに体が大きくなり使えなくなりました。

    結局ハイチェアを買うことになったので
    初めからハイチェアを買っておけばと後悔。。

    子供の成長と共に椅子を買い直すのはナンセンスなので調整できる椅子を買っておき
    体が大きくなるにつれて椅子の調整を行う事をお勧めします!

    パピさん

    我が家はローチェア→ハイローチェア→ハイチェアの様に何度も買い直ししてしまいました。皆さんこんな失敗しない様に気をつけてください・・笑

    椅子の種類の紹介

    実際に沢山の椅子を購入・使用してきた我が家が、代表的な椅子の3種類のメリット・デメリットを紹介します!

    ハイチェア

    メリット
  • 大人も赤ちゃんと同じ目線で食事を楽しめる
  • 子供の成長と合わせて座椅子・足置台の高さを調整でき正しい姿勢を維持できる
  • 長期間で使用できるのでコスパが良い
  • 木製やプラスチック製品が多く掃除しやすい
  • デメリット
  • 値段が高いものが多い
  • 大きく場所をとるものが多い
  • 価格帯

    15,000円~

    離乳食 椅子選び方
ハイチェア

    ローチェア

    高さの低い椅子。
    テーブルが取り外せるものやテーブル付きのものあるタイプが多く「バンボ」が代表的なローチェアです。

    メリット
  • 軽量・コンパクトで移動させやすいものが多い
  • 価格帯が低くお手頃に購入できるものが多い
  • テーブルやベルトなどのオプションを付けやすいものが多い
  • デメリット
  • 足が付かないものが多い
  • 使用できる期間が短い
  • 姿勢が崩れやすい
  • 価格帯

    2,000円~

    離乳食 椅子選び方 ローチェア

    離乳食 椅子選び方 ローチェア

    ハイローチェア

    ハイローチェアは赤ちゃんの寝かしつけのために開発された簡易ベットに椅子の機能がついた物です。

    メリット
  • 小さい頃はベットとして使用できる
  • 高さ調節できるものが多く食卓を囲んで食事できる
  • デメリット
  • 足が付かないものが多い
  • クッション性を持たせるために、布のものが多く定期的に洗濯が必要となる
  • 姿勢が崩れやすい
  • 価格帯

    15,000円~

    離乳食 椅子選び方
ハイローチェア

    我が家のオススメする椅子紹介

    我が家のオススメは断然ハイチェアです!

    理由は

  • 正しい姿勢で食事できるため
  • 正しい姿勢で食事することで、ご飯がきちんと消化され便秘が解消された
  • 食事に集中してくれる様になった
  • 子供の成長に合わせて高さ調整できるので椅子を買い直す必要がなくなった
  • 家のインテリアとマッチしている
  • 食後の清掃が楽になった
  • 良い姿勢を維持できる様になり集中力が付きました。
    今では一人で椅子に座ってビーズをする様にまで・・

    離乳食 椅子選び方
ハイチェア使用後

    パピさん

    パパ的には良く食べる様になったことと便秘が解消されたことがお気に入りポイントです!
    トリップトラップーストッケ 栄養士ママがトリップトラップを選んだ理由【離乳食からオススメな足が付くハイチェア】
    トリップトラップ 離乳食の椅子の選び方
    公式 HP引用

    まとめ

    離乳食・幼児食では食育の観点からも
    正しい姿勢で食事することが非常に大切!

    脳の発達や、あご歯並びにも影響ができるので
    子供の成長に合わせて正しい姿勢で食事できる環境を作ってあげることが重要なんです!

    沢山失敗してきた我が家が最終的にたどり着いたのは
    子供の成長に合わせて椅子の高さを調整できるハイチェア!”

    是非みなさんの生活スタイルにあった椅子を選んで
    親子ともに良い離乳食ライフを手に入れましょう!

    参考文献

    ・0歳からの歯育て:現代書林
     下田 孝義 (著)

    ・ベビーチェアメーカー yamatoya magazine

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です