【レビュー】サイベックス リベル用レインカバー紹介【コスパ最高!】

サイベックス リベル レインカバー

みなさんこんにちわ。
今回は私が使用しているサイベックス リベルの
レインカバーの紹介を行います。

今回紹介するのは純正品でなくVIAKYのレインカバーを紹介します!

   

ママさん

できれば純正品が良いけど代用品でも問題ならお財布に優しい方を購入したいなぁ・・・
純正品とどんなところが違うのか気になるでしゅ・・・。

ゆいワカくん

と言った方の悩みを解決できるように
この記事では、
VIAKYレインカバーのスペック・特徴
・純正品との違いや、実際に使ってみた感想
をまとめています。

VIAKY レインカバー

私はMサイズのレインカバーを使用しております!

項目詳細
素材食品級EVA(厚手)+ PVC素材
カバーの厚み0.2mm
サイズ約90cm 横約33cm側面約94cm 横 約46cm
重さ約0.4kg

※EVAとは、Ethylen-Vinyl Acetate (エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂)の略

EVAの特徴

・水分に強く、水回りの使用に適している。

・塩素を含まない材料で有害物質を含まないため、
 万が一、小さな子どもが口に入れてしまっても安全です。

サイベックス リベル レインカバー

VIAKY レインカバーの特徴

視界が良好

・視界保護窓があり視界が良好で
 赤ちゃんの不安を減らしてくれます。

 歪曲現象がないのでレインカバー無しと同じ状態で外を見る事ができます。

蒸れ対策もあり

・両側にメッシュがあるので、空気逃れを保ち
 熱中症を防いでくれます。

 夏の雨の日は湿気が多く熱中症になる危険があるので
 通気性能がしっかりした物が必須です!

取り付けが簡単

・マジックテープで取り付けのため
 容易に脱着ができます。

 急な雨でも取り付け、取り外しが楽なので
 ストレスなく使用する事ができます!

サイベックス リベル レインカバー

ファスナー付きで全開できる仕様

ファスナーが付いていると
雨が止んだ際にサッと開ける事ができるのは
非常に便利です。

すぐ雨が降り出す可能性もあるのでレインカバーを取り外すのは
やめておきたい。といった時に便利な機能ですね。

サイベックス リベル レインカバー

純正品との比較

純正品も取手出ているレインカバーになっております。

レインカバーの固定方法はマジックテープで
通気性確保のために左右にメッシュが採用されています。

VIAKYと違いファスナーは付いていない代わりに
正面に窓が付いています!

純正品との違い

VIAKYのみファスナーが付いていて
レインカバーを取り付けたまま
子供を取り出す事が可能です!


デザイン的な面ではやはり純正品の方が良いと思いますので
統一感を出したい方は純正品をお勧めします!

サイベックス リベルに装着してみた!

実際にサイベックス リベルに取り付けてみました。!

サイベックス リベル レインカバー
サイベックス リベル レインカバー

リベルのために作られたレインカバーなのでは!と思うほどの
フィット感です。
取手もバッチリ出ますし荷物入れもアクセスできます。

またリクライニングもできるので
レインカバーをしながら寝てしまっても問題ありません。

サイベックス リベル レインカバー

使ってみた感想

こちらのレインカバーは約2000円で購入可能です。

サイベックス純正品は約4000円するので
約半額で購入する事ができます。

レインカバーの目的は雨を避ける事なので
機能は全く問題がありませんし
このフィット感は素晴らしいです!

サイベックス リベル レインカバー

コンパクトに収納できるので
ベビーカーの荷物置きに入れていて嵩張りません!


また、レインカバーをつける事でベビーカーの操作性が悪化する事もなく
ファスナーが付いている点が非常に気に入っています!

サイベックス リベル レインカバー

純正品と悩んでいるかは
値段が半額ですので是非検討してみてください!

と言いつつ純正カバーは
フィット感・見た目も良いのでお金に余裕がある方は
純正もお勧めです!

サイベックスリベル 【徹底レビュー!】サイベックス リベル コンパクトに折り畳めて高性能!【ママ必見!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です